介護福祉士修学資金等貸付けにかかる推薦

県内の介護福祉士等の人材確保を目的とした貸付けです。貸付金は、資格取得後、県内での一定期間の業務従事等の条件を満たすことで返還が免除されます。
申込みにあたっては、資金種別ごとに養成施設または事業所の長の推薦が必要ですので、養成施設及び事業所におかれましては、推薦等についてご協力をお願いします。

種別介護福祉士等修学資金貸付福祉系高校修学資金貸付実務者研修受講資金貸付介護人材再就職準備金貸付介護分野就職支援金貸付障害福祉分野就職支援金貸付
募集時期令和6年1月24日~4月22日
(令和6年度入学生対象)
令和6年4月9日~5月31日
(令和6年度在学生対象)
第1期 令和5年4月24日~5月31日
第2期 令和5年7月3日~8月31日
第3期 令和5年10月2日~11月30日
第4期 令和6年1月4日~2月29日
令和5年4月24日~
(募集人数に達した時点で募集終了)
令和5年4月24日~
(募集人数に達した時点で募集終了)
令和5年4月24日~
(募集人数に達した時点で募集終了)
貸付対象介護福祉士養成施設または社会福祉士養成施設
(以下「養成施設」という。)に在学(入学)し、
卒業後、介護福祉士または社会福祉士として、
県内で介護業務等に従事する意思のある方。
養成施設の長の推薦が必要。
福祉系高校に在学し、
卒業後、介護福祉士として和歌山県内の介護施設等で
対象業務に従事する意思がある方。
福祉系高校の長の推薦が必要。
以下のすべての要件を満たす方。
①実務者研修施設に在学(入学)※し、研修修了後、介護福祉士として、
県内で介護業務等に従事する意思のある方。
②次のいずれかに該当する方。
 ア 和歌山県内に住民登録している方
 イ 和歌山県内の実務者研修施設の学生
 ウ 実務者研修施設の学生となった前年度に和歌山県内に
住民登録していた方
③県内で介護等の業務に従事している方。
県内に所在する介護施設・事業所に就労された方で、
以下のすべての要件を満たす方。
①県福祉人材センターへの届出・登録
②介護福祉士等の資格
③②の資格で介護職員として1年以上の実務経験
④前介護職等の離職日から再就労ま で1か月以上経過
⑤常勤の介護職員として再就職が内定
  (当該事業所の長の推薦が必要)
以下の①から③のすべての要件を満たしている方で、
他の業種等から介護分野へ就職後、
2年間県内の介護施設・事業所で所定の業務に従事する意思のある方
①介護職員初任者研修以上の研修修了者(就労と同時に研修を受講した場合も含む)
②県内の介護保険サービス事業所等に介護職員等として就職が決定した方
③介護人材再就職準備金、介護分野就職支援金、障害福祉分野就職支援金の貸付を受けたことがない方
(当該事業所の長の推薦が必要)
以下の①から③のすべての要件を満たしている方で、
他の業種等から障害福祉分野へ就職後、
2年間県内の障害福祉施設・事業所で所定の業務に従事する意思のある方
①介護職員初任者研修等、所定の研修修了者(就労と同時に研修を受講した場合も含む)
②障害福祉サービスを提供する事業所等に障害福祉職員等として就職が決定した方
③介護人材再就職準備金、介護分野就職支援金、障害福祉分野就職支援金の貸付を受けたことがない方
(当該事業所の長の推薦が必要)
貸付額
(上限)
学費50,000円(月額、正規の修学期間)修学準備金30,000円(入学時のみ)200,000円(1回限り)400,000円(1回限り)200,000円(1回限り)200,000円(1回限り)
入学準備金200,000円(初回のみ)介護実習費30,000円(1年度あたり)
就職準備金200,000円(最終回のみ)国家試験受験対策費用40,000円(1年度あたり)
国家試験受験対策費用40,000円(年額)(介護福祉士修学資金のみ)就職準備金200,000円(最終回のみ)
 推薦書推薦書様式推薦書様式推薦書様式推薦書様式推薦書様式推薦書様式

問い合せ先

和歌山県社会福祉協議会
Tel 073-435-5223  Fax 073-435-5226

e-mail washakyo@wakayamakenshakyo.or.jp